Journal

日本が誇る究極の汎用品「手ぬぐい」の再編集

日本が誇る究極の汎用品「手ぬぐい」の再編集

いま、UNLEASH Equipmentで「手ぬぐい」をつくるためのクラウドファンディングを実施している。誰もが知る通り、手ぬぐいは素朴な道具だ。生地は薄く、端はほつれていて、農家の人が頭に巻いていたり、雑巾代わりに使ったり、そのあたりに適当に置かれていたり、何の特徴もない道具に見えるかもしれない。

日本が誇る究極の汎用品「手ぬぐい」の再編集

いま、UNLEASH Equipmentで「手ぬぐい」をつくるためのクラウドファンディングを実施している。誰もが知る通り、手ぬぐいは素朴な道具だ。生地は薄く、端はほつれていて、農家の人が頭に巻いていたり、雑巾代わりに使ったり、そのあたりに適当に置かれていたり、何の特徴もない道具に見えるかもしれない。

真鍮とサビの関係、そのメカニズムと経年変化

真鍮とサビの関係、そのメカニズムと経年変化

金属のサビや黒ずみ。それは一般的に、劣化の象徴として扱われる傾向にある。しかし、場合によってはその経年変化が歴史を感じさせ、印象を損なうどころか魅力を増していく場合もある。そんな素材のひとつが、真鍮だ。 この記事にたどり着いた人のなかには、真鍮のサビを落としたいと思って訪れた人もいるだろう。そんな人には遠回りの内容になってしまうかもしれない。それでも、真鍮の歴史や素材のメカニズムをたどることで、綺麗に磨くだけではない真鍮との付き合い方を知り、より愛着を持って接することができるようになるはずだ。

真鍮とサビの関係、そのメカニズムと経年変化

金属のサビや黒ずみ。それは一般的に、劣化の象徴として扱われる傾向にある。しかし、場合によってはその経年変化が歴史を感じさせ、印象を損なうどころか魅力を増していく場合もある。そんな素材のひとつが、真鍮だ。 この記事にたどり着いた人のなかには、真鍮のサビを落としたいと思って訪れた人もいるだろう。そんな人には遠回りの内容になってしまうかもしれない。それでも、真鍮の歴史や素材のメカニズムをたどることで、綺麗に磨くだけではない真鍮との付き合い方を知り、より愛着を持って接することができるようになるはずだ。

積み石の意味から広がる可能性——宗教・登山・玩具

積み石の意味から広がる可能性——宗教・登山・玩具

バランスと創造的感覚を養うための積み木として注目を集める、A4(エーヨン)の「tumi-isi」。積み上げたり、並べたり、飾ったり、使い手の想像力の限りさまざまな遊び方ができる玩具だ。一方で、山道や海、川で目にする自然の石を積み上げたものを目にすると、恐怖を感じる人も一定数存在する。同じ「積み石」でも文脈が異なるこれらを考察することで、「石を積む」という行為の意味を改めて考えていきたい。

積み石の意味から広がる可能性——宗教・登山・玩具

バランスと創造的感覚を養うための積み木として注目を集める、A4(エーヨン)の「tumi-isi」。積み上げたり、並べたり、飾ったり、使い手の想像力の限りさまざまな遊び方ができる玩具だ。一方で、山道や海、川で目にする自然の石を積み上げたものを目にすると、恐怖を感じる人も一定数存在する。同じ「積み石」でも文脈が異なるこれらを考察することで、「石を積む」という行為の意味を改めて考えていきたい。

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

いつもUNLEASH Equipmentならびに運営会社の株式会社インクワイアをご愛顧いただきまして、ありがとうございます。誠に勝手ながら、当ストアは下記の日程において冬季休業といたします。この期間中はすべての配送業務および連絡業務を休止いたしますので、ご理解いただき、ご入用の際はご注意くださいますよう、お願いいたします。

年末年始休業のお知らせ

いつもUNLEASH Equipmentならびに運営会社の株式会社インクワイアをご愛顧いただきまして、ありがとうございます。誠に勝手ながら、当ストアは下記の日程において冬季休業といたします。この期間中はすべての配送業務および連絡業務を休止いたしますので、ご理解いただき、ご入用の際はご注意くださいますよう、お願いいたします。

目的と手段の関係 2——ブランドの裏側を知ること、主体的にものを選ぶこと

目的と手段の関係 2——ブランドの裏側を知ること、主体的にものを選ぶこと

UNLEASHでは2023年10月11〜12日に焚火会を開催した。この焚火会はUNLEASHにさまざまな側面からご協力いただいているブランドさん同士の親睦を深めるために企画したものだ。ご参加いただいた木村石鹸工業株式会社の木村祥一郎氏と株式会社トーキョーバイクの塚崎淳司氏、また、ホスト役を担当していただいた株式会社やまとわの奥田悠史氏に、この場を借りてお礼を申し上げたい。

目的と手段の関係 2——ブランドの裏側を知ること、主体的にものを選ぶこと

UNLEASHでは2023年10月11〜12日に焚火会を開催した。この焚火会はUNLEASHにさまざまな側面からご協力いただいているブランドさん同士の親睦を深めるために企画したものだ。ご参加いただいた木村石鹸工業株式会社の木村祥一郎氏と株式会社トーキョーバイクの塚崎淳司氏、また、ホスト役を担当していただいた株式会社やまとわの奥田悠史氏に、この場を借りてお礼を申し上げたい。

目的と手段の関係——遊び・焚火・無目的

目的と手段の関係——遊び・焚火・無目的

ピーター・ドラッカーは企業の目的を「顧客の創造」と定義し、そのための手段としてマーケティングとイノベーションを挙げたことで有名である。ビジネスでは目的と手段が明確であることが求められる。

目的と手段の関係——遊び・焚火・無目的

ピーター・ドラッカーは企業の目的を「顧客の創造」と定義し、そのための手段としてマーケティングとイノベーションを挙げたことで有名である。ビジネスでは目的と手段が明確であることが求められる。